June 1, 2018 / 12:05 AM / 3 months ago

テニス=ハレプ、ムグルサが2回戦突破 全仏オープン

[パリ 31日 ロイター] - テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンは31日、パリのローランギャロスで女子シングルス2回戦を行い、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)はテイラー・タウンゼント(米国)を6─3、6─1のストレートで下し、3回戦に進んだ。

 5月31日、テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンはパリのローランギャロスで女子シングルス2回戦を行い、第1シードのシモナ・ハレプ(写真)はテイラー・タウンゼントを6─3、6─1のストレートで下し、3回戦に進んだ(2018年 ロイター/Charles Platiau)

1回戦では最初の5ゲームを落としたハレプは、この日は5─1と立ち上がりから優位に立ち、そこからタウンゼントも粘りを見せたが、第1セットを先取。第2セットでは第4ゲームでブレークに成功すると、そのまま押し切った。

ハレプは「左打ちの彼女のトップスピンは対応するのが難しいのでタフな試合になった。リズムをつかめずに最初はちょっと問題を抱えていたので、2セットで終わってうれしい」と振り返った。

そのほかでは、第3シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)、第6シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)、第7シードのキャロリン・ガルシア(フランス)も勝ち上がり。ノーシードで出場のセリーナ・ウィリアムズ(米国)も逆転で3回戦進出を決めた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below