Reuters logo
映画「ワンダーウーマン」続編、再びジェンキンス監督に=業界誌
2017年9月12日 / 02:34 / 8日前

映画「ワンダーウーマン」続編、再びジェンキンス監督に=業界誌

 9月11日、映画「ワンダーウーマン」の続編の監督を、1作目に続きパティ・ジェンキンス監督(写真)が務める見通しであることが明らかになった。映画業界メディアが報じた。5月撮影(2017年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 11日 ロイター] - 米国で6月に公開され大ヒットしたスーパーヒーロー映画「ワンダーウーマン」の続編の監督を、1作目に続きパティ・ジェンキンス監督が務める見通しであることが明らかになった。バラエティ誌やハリウッド・リポーターなどの映画業界メディアが匿名の関係筋の話として報じた。

同続編は2019年12月13日に公開される予定で、イスラエル出身の女優ガル・ガドットが再び主役を演じる。

両誌によると、ジェンキンス監督は報酬800万ドル(約8億7000万円)に加え、興行収入からの支払いも受けるという。ハリウッド史上、最も高額報酬を得る女性映画監督となる。

映画会社ワーナーブラザーズはこの報道にコメントしていない。

「ワンダーウーマン」のこれまでの世界興収は8億1640万ドル(約893億円)に達し、今年公開された映画では「美女と野獣」に次ぐ高成績を収めている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below