Reuters logo
ゴルフ=ウッズが再び腰を手術、さらに6カ月離脱
2017年4月21日 / 02:07 / 7ヶ月前

ゴルフ=ウッズが再び腰を手術、さらに6カ月離脱

[20日 ロイター] - 男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(41、米国)は20日、腰と足の痛みを軽減させるための手術を受けたことを明かし、実戦からはさらに6カ月間離脱する見通しとの声明を発表した。

 4月20日、男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(41、米国)は、腰と足の痛みを軽減させるための手術を受けたことを明かし、実戦からはさらに6カ月間離脱する見通しとの声明を発表した。3月撮影(2017年 ロイター/Mike Segar)

声明によると、これまでリハビリ、薬物療法、運動制限や注射など様々な保存療法を試してきたが根本的な改善には至らず、4度目の手術に踏み切った。

ウッズは今回の手術で腰の痛みとしびれが改善されると期待しているとし、「治ったら、子どもたちと遊んだり、ツアーに参戦したり、長い間格闘してきた痛みから解放され、普通の生活を送ることを楽しみにしている」とコメントした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below