Reuters logo
ゴルフ=T・ウッズ「絶好調と感じることはもうない」
2017年2月9日 / 01:36 / 9ヶ月後

ゴルフ=T・ウッズ「絶好調と感じることはもうない」

[8日 ロイター] - 男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズ(41、米国)は、近年相次いだ腰やひざの故障を経て「絶好調」に戻る見込みがもうないことを受け入れたという。

 2月8日、男子ゴルフの元世界ランク1位、タイガー・ウッズは、近年相次いだ腰やひざの故障を経て、「絶好調」に戻る見込みがもうないことを受け入れたという。カリフォルニア州ラホヤで1月撮影(2017年 ロイター/Orlando Ramirez-USA TODAY Sports)

ウッズは先週、1年5カ月に及んだ休養から本格復帰後2戦目のドバイ・デザート・クラシックで、初日のラウンド後に腰のけいれんを起こして棄権した。

現在、世界674位のウッズはドバイのビジョン誌に対して、エリートレベルには戻れないと休養中に何回も考えたと告白。現在の状態については「最高ではないがまあまあ。腰の手術を3回、ひざの手術を4回受けているので、絶好調と感じることはこれからもないと思う」と語った。

4月に行われるメジャー大会の今季初戦、マスターズ・トーナメントに出場を望んでいるウッズは、「いつでも少し痛みを抱えていくことになるが、動ける限りはそれで納得している」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below