June 22, 2020 / 11:21 PM / 19 days ago

最貧国の債務猶予協議に進展、民間の更なる関与が必要=世銀総裁

[ワシントン 22日 ロイター] - 世界銀行のマルパス総裁は22日、20カ国・地域(G20)による最貧国の債務返済猶予プログラムにはかなり進展が見られたと評価した。その上で、民間債権者の更なる関与が必要だとの認識を示した。

ロイターとのインタビューで語った。同総裁によると、債務返済猶予の対象国73カ国のうち35カ国がG20によるプログラムに参加している。この他に関心を示している国も複数あるという。

世銀が19日に公表したデータによると、救済プログラムにより、2020年に世界の最貧国の抱える債務は120億ドル以上の返済を猶予できる見通しとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below