for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

21年の世界経済成長率は4%、1.6%に下振れも=世銀予測

[ワシントン 5日 ロイター] - 世界銀行は5日、最新の世界経済見通しを公表し、2021年の世界経済の成長率は4%になるとの予測を示した。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大が続き、ワクチン供給が迅速に進まなければ、成長率は1.6%に下振れすると指摘した。

 1月5日、世界銀行は、最新の世界経済見通しを公表し、2021年の世界経済の成長率は4%になるとの予測を示した。写真はロンドンの金融地区で撮影(2021年 ロイター/Henry Nicholls)

20年の世界経済成長率はマイナス4.3%と見込んでいる。

世銀は「短期的な見通しは依然不確実性が高い」とし、「(コロナの)感染者の増加が続き、ワクチン供給が遅れるという下振れシナリオでは、2021年の世界経済成長率は1.6%にとどまる」と説明した。

一方、新型コロナ感染封じ込めに成功し、ワクチン接種が迅速に進めば、21年の成長率は5%近くに達する可能性があるとの見方を示した。

米国の成長率は、20年はマイナス3.6%、21年は3.5%と予想。ユーロ圏は、20年がマイナス7.4%、21年が3.6%、日本は、20年がマイナス5.3%、21年が2.5%とそれぞれ予測している。

世銀は、先進国経済がそれほど落ち込まず、中国経済が力強く回復したことから、世界経済の大幅な縮小は回避できたものの、新興国や発展途上国への打撃はより深刻だと指摘した。

新興国と発展途上国(中国を含む)の成長率は、20年のマイナス2.6%から21年は5%に回復する見通し。

一方、中国を除くと新興国と発展途上国の成長率は、20年はマイナス5%、21年は3.4%と予想されている。

中国の成長率は、20年が2%、21年が7.9%になる見通し。

新型コロナの影響で新興国や発展途上国の債務は膨れ上がっており、公的債務は国内総生産(GDP)比で9%ポイント増加し、1年間の増加率としては1980年代終盤以降で最大となった。

世銀は「最近の債務急増が債務危機を引き起こさないよう国際社会は、迅速かつ断固として行動する必要がある」と強調し、債務削減が一部の国にとって支払能力を回復させる唯一の方法だと指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up