June 19, 2018 / 2:17 AM / 3 months ago

サッカー=W杯初戦控える日本代表、大阪地震で不安広がる

[サランスク(ロシア) 18日 ロイター] - サッカーの日本代表は19日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組初戦でコロンビアと対戦するが、準備は万全とは言えないほか、18日に発生した大阪地震により不安が広がっている。

 6月18日、サッカーの日本代表は19日、W杯ロシア大会1次リーグH組初戦でコロンビアと対戦する。写真は練習する日本代表チーム(2018年 ロイター/Ricardo Moraes)

日本は4月にバヒド・ハリルホジッチ監督を解任。元技術委員長の西野朗氏が新監督に就任したが、W杯までにわずか3試合でしか指揮を執っていない。

18日には大阪でマグニチュード6.1の地震が発生。西野監督は報道陣に対し、ショックを受けている選手もおり、家族や親戚のことが気にかかっているとコメント。選手たちの精神面への影響を心配していると述べた。

また地震発生と前後して、滞在先のホテルでは警報が誤作動した。そのことによりナーバスになり、少し疲れが見えた選手もいたという。

西野監督は準備期間ではコロンビアに遠く及ばないとしながらも、120%の準備はできていなくても十分な準備はできているとし、初戦への意欲を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below