June 25, 2014 / 4:18 AM / 4 years ago

W杯で「かみつき」騒動のスアレス、企業が一斉に注目

[サンパウロ 24日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会で相手チームのDFにかみついたと疑われているウルグアイのFWルイス・スアレスに、米マクドナルドなどの企業が関心を寄せている。

6月24日、サッカーW杯ブラジル大会で相手チームのDFにかみついたと疑われているウルグアイのFWルイス・スアレス(写真)に、米マクドナルドなどの企業が関心を寄せている(2014年 ロイター/Tony Gentile)

24日に行われた1次リーグD組のウルグアイ対イタリア戦では、後半35分にスアレスがペナルティエリア内でイタリアのDFジョルジョ・キエリーニと接触。キエリーニはスアレスに肩をかまれたと審判にアピールした。

スアレスは所属クラブでのかみつき事件により過去2回出場停止処分を受けたことがあり、国際サッカー連盟(FIFA)は今回の疑惑につて調査を行うとしている。

一方、この騒動に飛びついたのが、世界が注目するW杯で宣伝の機会を探っていた大手企業。ツイッター上では「かみつき騒動」に便乗する企業の投稿が相次いだ。

ガムメーカーが「トライデントをかもう。サッカー選手ではなく」とツイートすると、チョコレートメーカーは「次にお腹がすいたらスニッカーズを」とコメント。マクドナルドのウルグアイ法人のアカウントは「本当に空腹ならビッグマックを一口かじろう」と書き込んだ。

試合はウルグアイが1─0で勝利し、16強に進出。W杯優勝4回のイタリアは1次リーグ敗退が決まった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below