July 27, 2020 / 7:24 PM / 13 days ago

米ゴールドマン、人事評価制度見直しへ リストラ拡大も

米金融大手ゴールドマン・サックスが人事評価制度の見直しを行っていることが、同行の内部資料で分かった。ニューヨークで2011年1月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米金融大手ゴールドマン・サックス(GS.N)が人事評価制度の見直しを行っていることが、同行の内部資料で分かった。新制度では今年、従業員3万9000人の最大1割が期待外れと見なされ、来年の人員削減数の増加につながる可能性がある。

同行の広報担当者は資料内容を確認した上で、人事評価制度の透明性向上などに取り組んでいると認めた。来年の人員削減数が増加するかについてはコメントを控えた。

全従業員向けメモによると、今年12月の年次評価では従業員の25%が「期待超え」、65%が「完全に期待通り」、10%が「一部期待外れ」と判断される見込み。

ソロモン最高経営責任者(CEO)は「フィードバックの透明性向上や社員と上司のコミュニケーション強化が求められる」とした。

同行は今年に入り、大規模な人員削減を行っていない。従業員数は6月30日時点で、前年比10%増加している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below