for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

チリ大統領選で中道右派のピニェラ氏が勝利、政権交代へ

 1月17日、チリ大統領選で中道右派のピニェラ氏が勝利(2010年 ロイター/Ivan Alvarado)

 [サンティアゴ 17日 ロイター] 南米チリで17日、中道左派与党連合のバチェレ大統領の任期満了に伴う大統領選挙の決選投票が実施され、中道右派野党連合のピニェラ元上院議員の勝利が確実となった。20年間続いた中道左派政権に終止符が打たれる。

 開票率60.3%の時点で、ピニェラ氏の得票率は51.87%。対立候補の左派与党連合フレイ元大統領は早々と敗北を認めた。

 ピニェラ氏の勝利は、ベネズエラからアルゼンチンまで左派政権が多数を占める南米での右派政権誕生を意味する。ただ、経済政策に大きな変更はないとみられている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up