for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国でなおメラミン混入の粉ミルク使用、業者3人逮捕

 2月3日、新華社によると、中国公安当局は有害物質メラミンが混入したミルクや粉ミルクを取引した罪で、乳製品業者3人を逮捕した。写真は2008年11月、押収された汚染ミルク(2010年 ロイター)

 [北京 3日 ロイター] 新華社によると、中国公安当局は有害物質のメラミンが混入したミルクや粉ミルクを取引した罪で、乳製品業者3人を逮捕した。

 新華社は公安当局者の話として、陝西省にある乳業メーカーのマネージャー2人と粉ミルク業者が、衛生基準に満たない食品を製造・販売したとして、訴追されたと伝えた。

 2日付の人民日報は、メラミンに汚染された粉ミルクが乳製品の原材料として今も使われているとして、当局が汚染ミルクに関する全国的な調査を開始したと報じていた。

 2008年に中国で大きな社会問題となった汚染粉ミルク問題では、少なくとも6人の児童が死亡、30万人に被害をもたらした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up