for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スーダンで武力衝突により58人死亡、85人負傷

 [ハルツーム 25日 ロイター] スーダンの当局者は25日、同国南部のスーダン人民解放軍(SPLA)とダルフールのアラブ系部族との間で武力衝突が起き、58人が死亡したことを明らかにした。

 同国では24年ぶりとなる民主的な選挙の結果が判明するにつれ、一部地域で緊張が高まっている。

 南ダルフールにいるアラブ系部族リゼイガトの指導者は、ロイターに対し「どちらが先に攻撃を仕掛けたかは言えない」と前置いた上で、衝突は23日に西バール・エル・ガザル州と隣接する南ダルフールのバルバラで起き、58人が死亡し85人が負傷したと述べた。

 一方、SPLAは、西バール・エル・ガザル州辺境のラジャで、北部のスーダン国軍(SAF)に襲撃されたとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up