for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン中銀が政策金利据え置き、インフレ見通しを引き下げ

 [マニラ 3日 ロイター] フィリピン中央銀行は3日、政策金利である翌日物借入金利を過去最低の4.00%に据え置いた。据え置きは市場の予想通り。据え置きは8回連続となる。

 また中銀は2010年と2011年のインフレ率見通しを下方修正した。アナリストは、金融引き締めが予想よりも後ずれし、規模も小さくなることを意味するとの見方を示した。

 2010年のインフレ率見通しは5.1%から4.7%に引き下げられた。食品とエネルギー価格上昇のリスクが小さくなったことが理由。

 2011年の見通しも3.7%から3.6%に引き下げられた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up