for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国防総省が同性愛者の入隊受け入れ指示、違憲判決に対応

 10月19日、米国防総省は、軍の採用担当者に対し、同性愛者であることを公言する入隊希望者を受け入れるよう指示したと発表。写真は米国防総省の看板。3月撮影(2010年 ロイター/Hyungwon Kang)

 [ワシントン 19日 ロイター] 米国防総省は19日、軍の採用担当者に対し、同性愛者であることを公言する入隊希望者を受け入れるよう指示したと発表した。米カリフォルニア州の連邦地裁が、同性愛者の軍務禁止規定を違憲として執行停止を命じたことを受けた措置となる。 

 同省の広報担当者は「採用担当者に指針を出しており、同性愛者であると明らかにしている入隊希望者の採用手続きを進める」と述べた。

 国防総省は規定の撤廃に向けて適切な準備をするには時間がかかるとも説明しており、裁判が続く間、態度を変えることのないよう軍人らに警告している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up