for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヒトラー暗殺未遂首謀者の記念像、ベルリンに建設へ

 [ベルリン 19日 ロイター] ドイツのベルリン市が、ナチス指導者ヒトラー暗殺未遂事件の首謀者として知られるゲオルク・エルザーの記念像を建設する計画であることが分かった。

 同市によると、市内中心部のミット地区にエルザーの顔をシルエットで表した高さ17メートルの像を建設する計画という。

 エルザーは1939年11月8日、ヒトラーの演説会場となっていたミュンヘンのビアホールに爆弾を仕掛けた。しかしヒトラーが天候の影響で移動手段を変更し、時限爆弾が爆発するより13分早く会場を後にしたために、暗殺計画は失敗に終わった。

 エルザーは同日夜にスイス国境で逮捕されてダッハウ強制収容所に送られ、1945年4月9日に殺害された。

 記念像は、暗殺未遂事件から72周年に当たる来年11月8日に除幕される予定。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up