for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノーベル平和賞授賞式、受取人不在へ=ノルウェー報道

 11月17日、ノルウェーのテレビ局によると、来月のノーベル平和賞授賞式は、受賞者である劉暁波氏の家族も出席しない可能性が高い。写真は劉氏の釈放を求める抗議活動。香港で10月撮影(2010年 ロイター/Bobby Yip)

 [オスロ 17日 ロイター] ノルウェー・ノーベル委員会によると、12月10日に開催されるノーベル平和賞授賞式は、今年の受賞者である中国の民主活動家、劉暁波氏の家族も出席しない可能性が高い。ノルウェーのテレビ局NRKのウェブサイトが17日に報じた。

 本人は中国で服役中であり、今年のノーベル賞授賞式は、受取人不在という異例の事態となりそうだ。

 NRKの報道で同委員会のルンデスタッド事務局長は、受賞者の身内が式典に出席できない場合、メダルや1000万スウェーデン・クローナ(約1億2000万円)は委員会が一時的に預かっておくと説明。当日は式典自体は予定通り行うが、授賞セレモニーは見送るとしている。

 NRKによると、劉暁波氏は中国当局が妻にノルウェーへの渡航を許可することを望んでいたという。

 ルンデスタッド事務局長からロイターへの直接のコメントは今のところ得られていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up