for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イタリア下院、ベルルスコーニ内閣不信任案を僅差で否決

 [ローマ 14日 ロイター] イタリア下院は14日、ベルルスコーニ内閣の不信任決議案を僅差で否決した。可決は免れたものの、内閣弱体化の感は否めない。

 採決結果は賛成311、反対314。下院で不信任決議案が可決されていたら、首相は辞任を迫られ総選挙へとつながる可能性があった。

 金融市場では、ユーロ圏債務危機に絡み採決の結果が注目されていた。政局混乱の場合、イタリアの公的債務問題に市場の関心が向けられる可能性があった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up