for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エジプト内閣、大統領支持派による反体制派攻撃への関与説を否定

 [カイロ 3日 ロイター] エジプト内閣は3日、タハリール広場で起きた大統領支持派の反体制派への攻撃を扇動したとの説を否定し、攻撃の背後にある事実を調査する方針を示した。

 内閣の報道官は「政府扇動説はまったくの作り話。そんなことをすれば、鎮静化というわれわれの目標は台無しになる」とロイターに語り、政府は大統領支持派の攻撃に驚いていると述べた。そのうえで、攻撃の黒幕を見つけ出すと述べた。

 国営テレビによると、シャフィック首相も調査する方針を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up