for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本の調査捕鯨、反捕鯨団体の追尾を受けて中断

 2月16日、日本の調査捕鯨活動が、反捕鯨団体シー・シェパードの妨害を受けて中断したことが明らかに。写真は4日、「第三勇新丸」(左)とシー・シェパードのボート。提供写真(2011年 ロイター)

 [東京 16日 ロイター] 南極海で例年実施している日本の調査捕鯨活動が、反捕鯨団体シー・シェパードの妨害船による調査母船への追尾を受け、中断したことが分かった。

 水産庁の担当者は「安全を最優先に考え、調査捕鯨活動を当面停止した」と説明。今後の方針は検討中だとした上で、調査船団の帰国を予定より早めるかについては、選択肢の1つだと述べた。

 今回の調査捕鯨活動は、ミンククジラ約850頭の捕獲を目標に4隻から成る船団が参加しており、当初は3月ごろ終了する予定だった。

 シー・シェパードの代表のコメントは得られていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up