for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リビアで軍の一部が反体制派支持に、イエメンなどもデモ拡大

 [トリポリ/マナマ 20日 ロイター] 北アフリカのリビアで、デモ隊と治安部隊の衝突で多くのデモ参加者が死亡したことを受け、同国軍の部隊メンバーは、治安部隊から離脱し、第2の都市ベンガジを解放したと述べた。

 2月20日、リビアのベンガジで、軍の部隊メンバーが治安部隊から離脱したことが明らかに。写真はユーチューブに投稿されたベンガジ市内の映像(2011年 ロイター/Reuters TV)

 ベンガジの住人2人が20日、ロイターに語ったところによると、軍の部隊の1つである「サンダーボルト」のメンバーが、数日にわたる衝突を受け、反体制派側に回った。

 また、中東バーレーンでは、数千人のデモ参加者が首都マナマの広場に集結。政変を訴え、スンニ派指導者との対話を待ち受けている。

 週末にかけては、イエメン、チュニジア、モロッコ、オマーン、クウェート、アルジェリア、ジブチの各地でも政治・経済の改革を求めるデモが行われた。

 ただ、最も劇的な展開を見せたのはリビア。

 中東の衛星テレビ局アルジャジーラが、匿名の関係筋の話として伝えたところによると、トリポリの緑の広場で、数千人の反体制デモ参加者がカダフィ大佐支持派と衝突した。

 ベンガジの住人2人は、「サンダーボルト」部隊のメンバーが、カダフィ大佐の護衛との衝突で負傷した兵士を現地の病院に運んだと述べた。

 地元の弁護士によると、彼らはカダフィ大佐の護衛を制圧し、反体制派に加わったと述べているという。

 地元の病院関係者によると、20日1300GMT(日本時間午後10時)以降に、少なくとも50人が死亡し、100人が重傷を負っている。

 人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは、19日から20日にかけて84人が死亡し、死者数は20日朝までに173人に達したとしている。

 ※原文参照番号[nLDE71J05Y](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nLDE71J05Y]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up