for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPEC主要国が4月初旬までに原油増産へ=FT

 3月8日、英紙フィナンシャル・タイムズによると、OPEC加盟の主要国は原油増産に動いている。4日、スペインのガソリンスタンドで撮影(2011年 ロイター/Jon Nazca)

 [シンガポール 8日 ロイター] 8日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、石油輸出国機構(OPEC)加盟の主要国は、原油価格の高騰を抑え、欧米で広がる原油の供給懸念を和らげるため、サウジアラビアに続き、原油増産に動いている。

 FTが業界関係者の話として伝えたところでは、クウェート、アラブ首長国連邦、ナイジェリアは、4月初旬までに原油生産量を最大で日量30万バレルまで増やす見通し。

 これら3カ国とサウジアラビアによる増産によって、リビアの原油輸出減少による供給不足分はほぼ補われるという。

 OPEC加盟国はこれまで、原油供給は不足していないとの見方を示していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up