for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

リビアをジャンク級に引き下げ、情報不足で格付け一時停止=S&P

 3月10日、S&Pは、リビアの外貨建てソブリン債の格付けを、政府軍と反政府勢力の交戦を理由に4段階引き下げ、ジャンク級とした。写真はリビアの反体制派の兵士。ベンジャワドとラスラヌフを結ぶ道路で撮影(2011年 ロイター/Goran Tomasevic)

 [ニューヨーク 10日 ロイター] 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、リビアの外貨建てソブリン債の格付けを、政府軍と反政府勢力の交戦を理由にBBB+からBBに4段階引き下げ、ジャンク級とした。

 その上で、国際的な制裁や最新の信頼できる情報が得られていないことから、格付けを一時停止した。

 フィッチは、リビアをBBに格付けしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up