for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

福島原発は作業員の接近困難、高い放射線レベルで=米当局

 3月16日、米原子力規制委員会のジャッコ委員長は、福島原発の事故について、周辺の放射能レベルが緊急作業員にとって致死量に至る可能性があるとの見方を示した。写真は新潟で放射線量の検査を行う医療スタッフ(2011年 ロイター/Yuriko Nakao)

 [ワシントン 16日 ロイター] 米原子力規制委員会(NRC)のジャッコ委員長は16日、東京電力9501.T福島原発の事故について、周辺の放射能レベルが緊急作業員にとっては致死量に至る可能性があり、原子炉への接近を困難にしている、との考えを示した。

 委員長は下院エネルギー・商業委員会小委員会の公聴会で「福島原発周辺の放射能レベルは高いと思う」と発言。「緊急作業員が原子炉に近づくことは困難だろう。作業員が浴びる可能性がある放射線量は、非常に短期間で致死量に達する可能性がある」と述べた。

 その上でNRCが入手した日本に関する情報は「非常に限られている」として、憶測では多くを語りたくない、とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up