for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ローマ法王が復活祭ミサでメッセージ、東日本大震災にも言及

 4月24日、ローマ法王が復活祭ミサで10万人以上の信者らを前にメッセージを読み上げ、東日本大震災にも言及した(2011年 ロイター/Osservatore Romano)

 [バチカン市 24日 ロイター] キリストの復活を祝う復活祭(イースター)のミサが24日、バチカンのサンピエトロ広場で行われ、ローマ法王ベネディクト16世が、集まった10万人以上の信者らを前に、世界に向けたメッセージを伝えた。

 65カ国語でメッセージを読み上げた法王は、復活祭の喜びを表しながらも、リビアやコートジボワールの内戦に触れ、世界の平和を願った。また、東日本大震災に見舞われた日本にも言及した。

 リビア情勢については、外交努力と対話が武器に取って代わり、援助が必要な避難民らに、人道支援が届きますようにと祈りをささげ、欧州各国に難民の受け入れを求めた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up