for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロンビア中銀、政策金利を25bp引き上げ4%に

 [ボゴタ 30日 ロイター] コロンビア中央銀行は30日、主要政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ、4%とすることを決定した。利上げは4回連続で、市場の予想通り。

 中銀によると、2011年第1・四半期の経済成長率は、3.9─5.5%としている目標の上限となった可能性がある。

 中銀は引き締め的な金融政策は今後も続くとの姿勢を示した。 

 中銀はまた、米ドル買い入れプログラムの期限を少なくとも9月末まで延長することも決定した。同プログラムは、コロンビアペソ相場の上昇を抑制することを目的に、毎日少なくとも2000万米ドルを買い入れるもの。当初の期限は6月半ばに設定されていた。

 コロンビアペソ相場は政府・中銀の努力にもかかわらず、海外からの投資資金の流入により、過去1年で約7.6%上昇している。

 中銀が今月実施したアナリスト調査によると、コロンビアの2011年のインフレ率予想は3.10%と、前回調査の3.31%から低下した。中銀のインフレ目標は2─4%に設定している。

 中南米地域で第5位の経済規模を持つコロンビアでは、堅調な内需と良好な貿易条件が追い風となり、2011年の経済成長率は6%近辺になると予想されている。2010年の成長率は4.3%だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up