for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソマリア難民、世界最悪の人道危機に直面=国連

 7月11日、国連難民高等弁務官事務所は、ケニアの難民キャンプにやって来るソマリア難民が、世界で最も貧しく、最も弱い立場に追い込まれているとの見方を示した。写真はケニアのダダーブ難民キャンプで10日撮影(2011年 ロイター/Noor Khamis)

 [ナイロビ 11日 ロイター] 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のアントニオ・グテーレス難民高等弁務官は10日、干ばつと飢餓から逃れるためにケニアの難民キャンプにやって来るソマリア難民が、世界で最も貧しく、最も弱い立場に追い込まれているとの見方を示した。

 ソマリアは過去20年間にわたり事実上の無政府状態で、イスラム系過激派組織アルシャバーブは外国からの食糧支援を受け入れてこなかった。そのため、多くの難民は国境を歩いて越え、80キロ離れたケニアのダダーブ難民キャンプにやって来る。

 世界最大の同難民キャンプでは先月、1日当たりの新たな難民の数が、それまでの3倍となる1300人に増えた。また、5月の同キャンプ北部地区での5歳未満の死亡者数は前年比6倍に増え、新たに来た5歳未満の難民の18―24%が栄養不足だという。

 UNHCRで働く栄養士のアリソン・オーマン氏は「子どもたちの多くがキャンプに到着して24時間以内に死んでしまう。到着するとすぐに検査し食べ物を与えようとするが、それでも遅い」と述べた。

 同キャンプを訪れたグテーレス難民高等弁務官は「世界中の難民キャンプを訪れてきたが、このように絶望的な状況の人々がやって来るのは見たことがない」と指摘。「世界で最も貧しく、最も弱い立場に追い込まれた人たちが、ここダダーブ難民キャンプの周辺にはいる」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up