for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スロベニアを1段階格下げ、見通し「ネガティブ」=フィッチ

 [ニューヨーク 28日 ロイター] フィッチ・レーティングスは28日、スロベニアの外貨建て長期格付けを「AA」から「AAマイナス」に1段階引き下げた。銀行システムの悪化やソブリン債をめぐるかなりのリスクがあることを理由に挙げた。

 見通しは「ネガティブ」としている。

 フィッチのソブリン・アナリスト、クリス・プライス氏は声明で、6月に実施された国民投票で政府の年金改革が否決され、財政の長期的持続性が低下したことも要因と指摘した。

 フィッチは、銀行の不良債権が高水準で増加傾向にあることや、国内最大手銀行NLBが、今年実施された欧州銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)でかろうじて合格した16行の1つだったことも格下げの要因としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up