for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドンで1万人規模のデモ計画、警察は4000人動員へ

 11月9日、ロンドン市内で学生ら約1万人による緊縮政策抗議デモが計画されており、ロンドン警視庁は警官4000人の動員を予定している。写真はロンドン市内で10月撮影(2011年 ロイター/Luke MacGregor)

 [ロンドン 9日 ロイター] 英ロンドン市内で9日、学生ら約1万人による緊縮政策抗議デモが計画されており、ロンドン警視庁は暴動が起きるのを防ごうと警官4000人の動員を予定している。

 デモはロンドン中心部で行われることになっており、ロンドン証券取引所付近も通過する。デモには学生のほか、タクシー運転手、反ウォール街デモに賛同してキャンプを張る抗議者らも加わる可能性があるという。

 ロンドン警視庁は通常の倍となる約4000人の警官を配備する予定だが、緊急時にはゴム弾を使用する可能性があると発表したことを受け、ソーシャルメディアなどでは非難の声が上がっている。

 学生たちは昨年も、政府の歳出削減計画の一環である大学の授業料値上げなどに反対してデモを行い、与党・保守党本部のガラスを割るなど一部が暴徒化、約400人が逮捕された。このときの警察の対応が高圧的だったために暴動に発展したとの批判もあった。

 また警察は、今年8月にロンドンから地方都市へと拡大した警官による市民射殺事件に端を発する暴動への対応でも政治家から批判を受けている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up