for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BHPがフォークランド諸島沖で権益取得、アルゼンチンは英に抗議へ

 10月2日、BHPビリトンがフォークランド諸島周辺の石油権益を取得したと発表。写真はクロッパーズCEO。8月撮影(2007年 ロイター/Mick Tsikas)

 [ロンドン 2日 ロイター] 英豪系資源大手のBHPビリトンBHP.AXBLT.Lは2日、英フォークランド・オイル・アンド・ガスFOGLq.Lから、フォークランド諸島周辺の石油・ガス鉱区の権益40%を取得したと発表した。フォークランド諸島をめぐり英国と長年にわたって対立しているアルゼンチンは、これを受けて英国に正式に抗議するとともに、BHPにも探査活動を控えるよう要請する方針を示している。

 BHPが権益を取得したのはフォークランド諸島南・東海岸沖の14鉱区。今後3年間で少なくとも2本の試掘井を掘削することで合意した。

 アルゼンチン外務省筋によると、同国政府は関係各社に対し、領土問題の対象となっている海域で探査活動を行った場合、法的処罰を下す可能性があると警告する方針という。

 同筋は「アルゼンチン政府は、われわれの主権と司法権の対象となる海域での探査活動を不法に許可しようとする今回の一方的な行為について、英国に正式に抗議を行う」と述べた。 

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up