for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領選、民主党のバイデン上院議員が指名争い離脱の意向=関係筋

 1月3日、関係筋によると、2008年米大統領選挙に民主党から立候補していたジョー・バイデン上院議員が、同党の候補指名争いから離脱する意向を固めた。昨年11月撮影(2008年 ロイター/Carlos Barria)

 [ワシントン 3日 ロイター] 関係筋によると、2008年米大統領選挙(11月4日投票)に民主党から立候補していたジョー・バイデン上院議員が、同党の候補指名争いから離脱する意向を固めた。この日開かれた初戦のアイオワ州党員集会では、4位に大差をつけられ5位にとどまった。

 バイデン氏はデラウェア州選出の上院議員で、上院外交委員会の委員長を務めている。大統領選挙に立候補するのは今回で2度目だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up