for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

OPECが増産しても原油高を是正できない=イラク石油相

 6月12日、イラクのシャハリスタニ石油相はロイターとのインタビューで、世界的な原油高は、市場の投機的動きが原因であり、サウジアラビア、その他のOPEC産油国が増産しても価格を抑制することはできない、との見解を示した。4月撮影(2008年 ロイター/Chris Helgren)

 [アンマン 12日 ロイター] イラクのシャハリスタニ石油相は12日、ロイターとのインタビューで、世界的な原油高は、市場の投機的動きが原因であり、サウジアラビア、その他の石油輸出国機構(OPEC)産油国が増産しても価格を抑制することはできない、との見解を示した。

 同相は「われわれは、OPECの増産が原油価格上昇問題への対策にはならないと信じている」と述べた。

 すでに、原油高問題を話し合う産油国と消費国の緊急会合が22日にサウジアラビアで開催されることが明らかになっているが、同相は、招請が来ればイラクも同会合への参加を検討するとしている。

 また「サウジが増産しても、市場への影響はないだろう」としたうえで「いまやOPECが、国際原油価格をコントロールしているのではない。原油価格高の背後にいるのは、先物市場の投機家だ」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up