for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

香港で新型インフルエンザ感染確認、アジアで初

 5月1日、香港特区政府は新型インフルエンザ感染確認を発表。写真は現地の医療関係者(2009年 ロイター/Bobby Yip)

 [香港 1日 ロイター] 香港特別行政区政府は1日、25歳のメキシコ人男性の新型インフルエンザ感染が確認されたと発表した。

アジアで感染者が確認されたのは初めて。

 曽蔭権(ドナルド・ツァン)行政長官は記者団に対し、この男性は4月30日に上海経由で香港入りしたと説明した。

 熱などの症状を訴え同日入院したが、現在の様態は安定しているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up