for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ首相が辞意、総選挙実施の可能性

 7月24日、ウクライナのヤツェニュク首相が辞意を表明した。写真はキエフの議会で同日撮影(2014年 ロイター/Alex Kuzmin)

[キエフ 24日 ロイター] - ウクライナのヤツェニュク首相が24日、辞意を表明した。

ヤツェニュク首相は議会に対し「連立政権の崩壊、および政府のイニシアティブが阻止されたことを受け、辞任を発表する」とした。

ウクライナ議会ではこれに先立ち、エネルギー関連法案と軍への支出拡大法案が否決された。

また、同日、連立政権から2党が離脱し、連立与党が崩壊。ポロシェンコ大統領は、総選挙実施に向けた道が開かれたと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up