for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イスラム国問題、アラブ諸国と主要国が協調対応を=仏大統領

 8月20日、オランド仏大統領は、「イスラム国」問題に対処すべく、アラブ諸国と主要国とが一体となって協力することが望ましいとの考えを示した。写真はパリで7月撮影(2014年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 20日 ロイター] - オランド仏大統領は20日、イラクとシリアで勢力を広げるイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」の問題に対処すべく、アラブ諸国と主要国とが一体となって協力することが望ましいとの考えを示した。

大統領はルモンド紙に対し「もはやこれまでのように介入すべきか否かなどと議論をしている場合ではない」と指摘。イスラム国は組織化されており、かなりの資金力があり、非常に高性能な武器も兼ね備えていることから、各国が連携して戦略を練る必要があると述べた。ただ話し合いの具体的な時期や参加国については名言しなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up