for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領、イラクへの軍事関与拡大しない見通し=米当局者

 8月21日、複数の米当局者は、オバマ大統領がイラクやシリアへの軍事的関与を拡大する見込みは低いとの見方を示した。写真は、オバマ米大統領。20日撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 20日 ロイター] - 複数の米当局者は、米国人ジャーナリスト殺害に対する怒りが国内で高まっているものの、オバマ大統領がイラクやシリアへの軍事的関与を拡大する見込みは低いとの見方を示した。

イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」は19日、米国人ジャーナリスト、ジェームズ・フォーリー氏(40)の殺害映像をインターネット上に公開し、米国によるイラク空爆への報復として宣戦布告するとした。

複数の米政権当局者は、イラクで攻勢を強めるイスラム国への政策を大幅に変更したり、軍事行動を隣国シリアまで広げたりする計画はないと語った。

オバマ米大統領は20日、米国人ジャーナリストを処刑したイスラム国の残虐性を強く非難し、空爆を継続する考えを強調した。

*写真を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up