for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正:仏大統領、失業率改善しなければ再選目指さず

 11月6日、フランスのオランド大統領は、2015年にいかなる新税を導入する考えのないことを明らかにした。写真左はテレビのインタビュー番組で話す大統領。代表撮影(2014年 ロイター)

[パリ 6日 ロイター] - フランスのオランド大統領は6日、2015年以降(訂正)いかなる新税を導入する考えのないことを明らかにした。大統領任期の折り返し点を前に低迷している支持率回復を狙っての発言と見られる。

オランド大統領は90分にわたりテレビに生放送出演、現在10%を超える水準にある失業率を任期の終わりまでに改善できないときは再選を断念すると言明した。

同日行われた世論調査でオランド大統領の支持率は今までの最低を記録、今回の番組は失業、公共投資削減、企業不祥事件などについて一般市民からの質問に向き合う場となった。

*英文の訂正により見出しの「来年は」を「来年以降は」に、1段落目の「2015年」を「2015年以降」に訂正します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up