for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米石油掘削リグ稼働数、24年ぶりの大幅減少

[9日 ロイター] - 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズBHI.Nが9日公表したデータによると、国内の石油掘削リグ稼働数は前週比61基減と24年ぶりの大幅な減少を記録した。原油相場の下落により米国のシェールブームに急ブレーキがかかっていることが浮き彫りになった。

リグ稼働数は1421基と2月以来の低水準で減少は5週間連続。

依然として前年同月の水準を28基上回っているが、アナリストは原油相場が1バレル=50ドル付近にとどまれば、リグ稼働数はさらに減少するとみている。

シェールオイルやシェールガスの掘削に使用される水平リグの稼働数は35基減の1301基だった。減少は7週間連続で少なくとも1991年以降で最大の落ち込みとなった。

垂直リグも12基減の288基と少なくとも91年以降で最も低い水準だった。

天然ガス掘削リグ稼働数は前週比1基増の329基。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up