for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナが東部に「特別な地位」承認、親ロ派支配拡大の懸念も

 3月17日、ウクライナの議会は東部に限定的な自治権を与える法律を採択した。写真は東部アルテーミウシク近郊を走行する政府軍の戦車。2日撮影(2015年 ロイター/Gleb Garanich)

[キエフ 17日 ロイター] - ウクライナの議会は17日、同国東部に限定的な自治権を与える法律を採択した。親ロシア派が創設を宣言した共和国に「特別な地位」を認めるという内容だが、親ロシア派の支配力拡大につながると懸念する声もある。

ウクライナ政府は、同国の管轄下にある東部で自治体選挙が行われた後に「特別な地位」を認めるとしている。

ロシアはこれに反発。ラブロフ外相は、この法律はミンスク合意から大きくかけ離れていると指摘。「特別な地位」を、親ロシア派指導部が参加しない選挙と結びつけている、と批判した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up