for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロスネフチ、LNGプラント建設地をサハリンから変更検討

[モスクワ 28日 ロイター] - ロシアの国営石油大手ロスネフチROSN.MMは28日、予定している液化天然ガス(LNG)プラントの建設地をサハリンから変更することを検討していると明らかにした。国営天然ガス独占企業ガスプロムGAZP.MMの反対で、ガスパイプラインの利用が難しいことが理由とされた。

ロスネフチは米石油大手エクソンモービルXOM.Nと2013年、サハリンで18年から年間500万トンのLNG生産を目指し、合意書を締結した。

ロスネフチは、ガスプロムと英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルRDSa.Lとの合弁事業、サハリン・エナジーが支配権を持つサハリンパイプラインの使用を長い間求めている。サハリン・エナジーには三井物産8031.Tと三菱商事8058.Tも出資している。

ガスプロムは、ロスネフチとエクソンのサハリン沖でのLNGプラント建設に強い反対を表明している。同地域は世界最大のLNG消費国である日本に近い戦略的地点。

ガスプロムは自社のLNGプラントを同地域に保有しており、生産量は年間1000万トン。

関係筋はロイターに対し、ロスネフチのプラント開発が最低でも2年間遅れる可能性を指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up