for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クリントン氏、全米の小売り業者に南軍旗商品の販売中止を要請

 6月23日、2016年の米大統領選の民主党有力候補、ヒラリー・クリントン前国務長官は、全米の小売り業者に対し、南軍旗をあしらった商品の販売中止を呼びかけた。サンフランシスコで20日撮影(2015年 ロイター/Stephen Lam)

[ミズーリ州フローリッサント 23日 ロイター] - 2016年の米大統領選の民主党有力候補、ヒラリー・クリントン前国務長官は23日、全米の小売り業者に対し、南軍旗をあしらった商品の販売中止を呼びかけた。同時に、国内小売り大手のウォルマート・ストアーズWMT.Nをはじめとする小売り企業が南軍旗関連商品を店頭から撤収したことを称賛した。

クリントン氏はこの日、ミズーリ州セントルイス北部のフローリッサントの教会で、南軍旗は「我が国の現在と将来には存在しえない過去の人種差別主義を象徴するもので、どこであっても掲げるべきではない」と発言した。セントルイスは昨年若い黒人男性が白人警察官に射殺されたことを契機に激しい抗議運動が発生したファーガソンの近郊に位置する。

ウォルマートによる関連グッズの撤去を称えた同氏は、1986─92年まで同社の取締役を務めていた。「きょうは、アマゾン(ネット書籍販売)、イーベイ(ネットショッピングサイト運営)、シアーズ(百貨店)もウォルマートの動きに続いている。全米の小売店に同様の行動を求める」と同氏は呼びかけた。

クリントン氏は「これは私たちがやるべきことのほんの始まりにすぎないことは承知している」と述べたうえで、「アメリカの(建国の理念でもある)平等、機会、公民権は、依然として本来のあるべき姿からほど遠い」とも述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up