for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EUはアストラゼネカワクチン迅速承認を、オーストリアなど要求

オーストリアのクルツ首相は18日、ギリシャやデンマークと連携し、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを迅速に承認するよう欧州医薬品庁(EMA)に圧力を掛けると表明した。写真は11日撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[ウィーン 18日 ロイター] - オーストリアのクルツ首相は18日、ギリシャやデンマークと連携し、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンを迅速に承認するよう欧州医薬品庁(EMA)に圧力を掛けると表明した。

EMAは先週、アストラゼネカが英オックスフォード大学と共同開発した新型コロナワクチンのデータを月内に審査するとの見通しを示していた。

クルツ首相は一刻も無駄にすべきでないとし、「承認審査に関する作業が昼夜問わず行われ、欧州が出遅れないことを期待する」と述べた。

オーストリアでは前日、感染力が強いとされる変異種の感染拡大抑制に向け、ロックダウン(都市封鎖)措置が少なくとも2月7日まで延長された。

また、米ファイザーによる欧州諸国向けワクチン供給に遅れが生じることを確認し、「供給量は足元、計画よりも20%減少するようだが、2月には遅れを取り戻す見通し」と述べた。

ファイザーは先週、ワクチン増産に向けた製造工程の変更を理由に、欧州諸国とカナダ向けの新型コロナワクチンの供給を一時的に削減すると明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up