for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

原油先物は下落、米ガソリン在庫の予想外の急増で需要減退懸念

[東京 8日 ロイター] - アジア時間の原油先物は下落。米ガソリン在庫が予想外に急増したことで、世界最大の消費国である米国の原油需要が減少するとの懸念が生じている。

0136GMT(日本時間午前10時36分)時点で、北海ブレント原油先物は0.36ドル(0.6%)安の1バレル=62.80ドル。米WTI原油先物は0.38ドル(0.6%)安の1バレル=59.39ドル。

米エネルギー情報局(EIA)が7日発表した週間石油在庫統計によると、前週の米原油在庫はアナリストの予想以上に減少した一方、ガソリン在庫は減少予想に反して400万バレル増えた。製油所が夏の休暇シーズン前に精製量を増やしたことが背景にある。

また、トレーダーによると、ロシアの4月初めの産油量が3月平均を上回るなど、世界的に供給は増えつつある。

イラン核合意を巡る協議の進展次第では、イランへの制裁が一部解除され、原油輸出が解禁される可能性もある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up