for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エボラ熱感染の疑いでNY当局が医師検査、西アフリカから帰国

 10月23日、ニューヨーク市の保健当局は、西アフリカから米国に帰国した医師がエボラ出血熱感染の疑いがあるとして、市内の病院で検査を受けていると明らかにした。同市で22日撮影(2014年 ロイター/Eduardo Munoz)

[ニューヨーク 23日 ロイター] - ニューヨーク(NY)市の保健当局は23日、西アフリカから米国に帰国した男性医師がエボラ出血熱感染の疑いがあるとして、市内の病院で検査を受けていると明らかにした。発熱などの症状が出ているという。

暫定結果は12時間以内にも判明すると説明している。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ市長は、この医師と「直接接触した人物は極めて少ない」と述べた。

この男性は最近、国境なき医師団の一員としてエボラ熱の感染が拡大している西アフリカで活動していた。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up