for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米17州がオバマ政権提訴、移民制度改革めぐる権限行使は「違憲」

 12月3日、オバマ米大統領が自らの権限を使って移民制度改革を断行しようとするのは憲法違反として、テキサス州など17州が訴訟を起こした。写真は移民制度改革について反対運動をする議員ら(2014年 ロイター/Yuri Gripas)

[オースティン(米テキサス州) 3日 ロイター] - オバマ米大統領が自らの権限を使って移民制度改革を断行しようとするのは憲法違反として、テキサス州など17州が3日、訴訟を起こした。

訴訟はテキサス州の連邦地裁に起こした。17州は、オバマ大統領が先月、権限を行使して移民制度改革を進める考えを示したことについて、大統領の権力に関する憲法上の制限に違反する、と主張している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up