for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア大統領選、プーチン氏に有利に行われた=国際選挙監視機関

3月5日、選挙監視を行う国際機関はロシアの大統領選について、明らかにプーチン氏に有利になるよう行われ、不公平な選挙だったと批判した。写真は同氏。モスクワで4日撮影(2012年 ロイター/Alexsey Druginyn/RIA Novosti/Pool)

[モスクワ 5日 ロイター] 選挙監視を行う国際機関はロシアの大統領選について、明らかにプーチン氏に有利になるよう行われ、不公平な選挙だったと批判した。

監視機関は、メディアにおけるプーチン氏の優位性や当選を確実にするため政府リソースが地方レベルで使われた点などを指摘した。

欧州安全保障機構(OSCE)から派遣された監視メンバーの1人Tonino Picula氏はリポートで「実質的な競争などなかった。政府リソースの乱用をみると選挙の最終的な勝者が誰になるかを疑う余地はなかった」と批判した。

さらに同氏は記者団に対して「われわれの調査によると、選挙は不公平に行われた」と述べた。

また、OSCEと欧州評議会議員会議(PACE)の共同チームも、4日の選挙に違反行為があった可能性があるとし、調査を行う方針を明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up