for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米エクソンが時価総額でアップル抜く、約1年ぶり首位奪還

1月25日、米国株式市場で、石油大手エクソンモービルの時価総額が一時、アップルを抜き、国内企業トップに躍り出た。写真はアップルのロゴマーク。サンフランシスコで23日撮影(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[ニューヨーク 25日 ロイター] 25日の米国株式市場で、石油大手エクソンモービルXOM.Nの時価総額がアップルAAPL.Oを抜き、2012年1月以来およそ1年ぶりに首位を奪還した。

午後の取引でアップル株は2.7%安の約438ドル、エクソン株は0.3%高の91.59ドルをつけた。この時点の時価総額はアップルが約4114億ドル、エクソンが4176億ドルとなり、首位が逆転した。

アップルの時価総額は、株価が過去最高値をつけた昨年9月以降、約2500億ドル減少している。これはグーグルGOOG.Oの時価総額にほぼ匹敵する規模。

アップル株は前日、市場予想を下回る売上高となった10─12月期決算を嫌気して寄り付きから売りが先行し、12.4%急落して取引を終了。下落率は2008年9月下旬以来の大きさとなった。

フォート・ピット・キャピタル・グループのシニア株式調査アナリスト、キム・フォレスト氏は、アップルは「明らかにモメンタム銘柄」と指摘。「株価上昇を支えてきたデータが途絶えたとたん、上昇の波に乗ってきた投資家は売りに回るため、株価は急落する」と指摘した。

*内容を追加して再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up