for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロシア編入の是非問うクリミア住民投票は国際法違反=米大統領

3月6日、オバマ米大統領は、クリミアが実施するロシアへの編入の是非を問う住民投票は国際法に違反するとの考えを示した。ワシントンで同日撮影(2014年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 6日 ロイター] -オバマ米大統領は6日、ウクライナ南部クリミア自治共和国が実施するロシアへの編入の是非を問う住民投票は国際法に違反するとの考えを示した。

オバマ大統領はホワイトハウスで記者団に対し、「クリミアで予定されている国民投票は、ウクライナの憲法、および国際法に違反する」と述べた。

そのうえで「ウクライナの将来に関するいかなる議論も、同国の正統な政府の関与の下で行われなければならない」との考えを示した。

オバマ大統領はこの日、ウクライナの主権や領土の一体を脅かすロシアとウクライナの個人や企業を対象に、在米資産の凍結や米国への渡航禁止などの制裁を発動する大統領令に署名。

これについて、ウクライナに介入したロシアを念頭に置いたものと説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up