for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏学校襲撃事件の容疑者が投降へ、武器も一部放棄=内務相

3月21日、仏南西部トゥールーズのユダヤ人学校で教師1人と子ども3人が殺害された事件で、同国のゲアン内務相は21日、実行犯の男(24)が近く投降すると話していることを明らかにした。写真は現場周辺で撮影(2012年 ロイター/Jean-Philippe Arles)

[トゥールーズ(フランス)/エルサレム 21日 ロイター] 仏南西部トゥールーズのユダヤ人学校で教師1人と子ども3人が殺害された事件で、同国のゲアン内務相は21日、実行犯の男(24)が近く投降すると話していることを明らかにした。

内務相は仏ニュースチャンネルのBFMTVに対し、「男は(現地時間の)午後にも投降すると話している」と語り、犯行に使用したとみられる銃を通信機器と交換したことを明かした。ただ、男は依然としてマシンガンやライフルなど他の武器を所有しているという。

またパリの検察当局者は20日、男が学校襲撃の模様を自ら撮影していたと発表。内務省によると、この事件をめぐっては、別の男1人がすでに逮捕されている。

一方、銃撃で犠牲になった4人の遺体はイスラエルに移送され、同国のエルサレムで21日に埋葬された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up