for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米誌「影響力ある100人」に金正恩氏、キャサリン妃姉妹も

4月18日、米誌タイムが毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、オバマ米大統領や北朝鮮の金正恩第1書記らが選ばれた。15日撮影(2012年 ロイター/Bobby Yip)

[18日 ロイター] 米誌タイムは18日、毎年恒例となっている「世界で最も影響力のある100人」を発表。オバマ米大統領や米プロバスケットボール協会(NBA)の台湾系米国人ジェレミー・リン選手、英国のキャサリン妃姉妹らを選んだ。

政界からは、中国の次期最高指導者に内定している習近平国家副主席らを選出。「ならず者」の項目も設けられ、シリアのアサド大統領、北朝鮮の金正恩第1書記らが選ばれた。

スポーツ界からはサッカーのバルセロナ(スペイン)に所属するリオネル・メッシ選手、音楽界からは英歌手アデルらが名を連ねた。100人のうち女性は38人で、日本人は選ばれなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up