for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

座礁のイタリア豪華客船を撤去へ、総費用240億円以上

4月23日、イタリアで大型豪華客船コスタ・コンコルディアが座礁した事故で、同客船の運行会社は3億ドル(約243億円)以上をかけて船体の撤去を行う方針を明らかに。2月撮影(2012年 ロイター/Giampiero Sposito)

[ローマ 23日 ロイター] イタリア中部のジリオ島付近で今年1月、大型豪華客船コスタ・コンコルディアが座礁した事故で、同客船の運行会社は23日、米タイタン・サルベージと伊ミコペリの2社が、3億ドル(約243億円)以上で船体の撤去を行うことを明らかにした。

イタリアの市民保護当局によると、両社による計画では、船体を8月までに安定させ、11月から来年1月にかけて、横倒しになった船体を起こし、再び海に浮かべて運ぶという。

乗客4200人以上を乗せたコスタ・コンコルディアは1月13日、ジリオ島に接近して座礁。少なくとも30人が死亡、2人が行方不明となっている。

船に積まれていた2300トン以上の燃料の抜き取り作業は、先月全て終了している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up